目的別体育・スポーツ家庭教師

高収入バイト、体育・スポーツ家庭教師の対象はとても広く、それぞれの目的もさまざまです。いくつか例を挙げる
ので、自分に合ったものを見つけてみましょう。
 ①子ども向け家庭教師
  これは、子どもが対象の家庭教師です。近年遊び場の減少やテレビゲームなどにより、子どもたち
 が体を動かして遊ぶ機会が減り、それに伴い、運動不足、肥満の子どもたちが増えてきました。
  また、体育の実技教科に悩む子どもも増え、専門の指導者を必要としています。そこで家庭教師は、
 近くの体育施設や公園などで、スポーツを指導するのです。この場合高い専門性は必要ありませんが、
 子どもたちが安全にスポーツを楽しめることが大切です。
  体を動かすことが嫌いな子や、スポーツが苦手な子が対象になってくるので、体を動かすことの
 大切さや喜びを伝えられるような指導ができる人が望ましいでしょう。
 ②実技試験対応の家庭教師
  これは、体育の実技試験や、受験科目に体育実技がかされる場合の対策を目的としています。この
 場合は、高い専門性が求められます。
  また、単位や進学といった将来を左右するものなので、重い責任があります。体育の専門知識や
 技術をもつことと同時に、経験も必要になってくるので、これはベテランやプロに任せておくのが
 よいでしょう。
 ③老人ホームなどでの家庭教師
  老人ホームなど、施設での健康体育指導を目的とした家庭教師もあります。この場合は、家庭教師
 というよりも、集団相手のインストラクターと考えた方がよいかもしれません。
  体育の専門技術はありませんが、高齢者の体の特性などをよく知り、安全面に充分気をつける必要
 があります。
 ④健康増進目的の家庭教師
  運動不足や生活習慣を気にしている人対象の家庭教師です。スポーツの技術はそれほど必要ありま
 せんが、健康分野の知識が必要です。
  また、これらで家庭教師を必要とする人は、ジムなどで挫折したり、ひとりではできないという人
 が多くいるので、工夫した指導が必要です。
 慣れないうちは大変でしょうが、運動を終えたあとの爽快な気分を誰かと共有するのは気持ちのいい
ものです。体育・スポーツ家庭教師で高収入をめざしましょう。 
  

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク