覆面調査員が誕生した歴史

 覆面調査員が高収入バイトなことはわかってきましたが、そもそもこのようなバイトが誕生したのは
なぜなのでしょうか?
 誕生の歴史はアメリカにはじまります。自由の国、アメリカでは経済活動も日本に比べてかなり自由
で活発です。そのため、競争も激しく、消費者の支持を得られなければすぐにつぶれてしまいます。
もちろんこれは日本でも同じことですが、アメリカの経済界はより激しい競争社会なのです。
 そこで、消費者の定着のためにはサービスの向上、顧客満足が一番です。消費者の視点で、お店を
評価してもらい、サービスの向上に役立てようとして始まったのです。
 今では、ファーストフード店、スーパーなど身近なお店をはじめとして、銀行、行政機関をも含めた、
お客さんと直接関わりをもつほとんどのところで行なわれています。さらに、アルバイトとしてではなく、
専門的な知識をもったプロの覆面調査員として活躍している人もいます。
 現在、日本では飲食店やホテルなどが多くを占めますが、今後行政機関も含めて覆面調査員の活躍の
幅は広がっていくことでしょう。
 行政機関が相手なんてちょっとかっこいいですね。銀行ならさらなる高収入が望めそうです。自由の
国、アメリカで生まれた覆面調査員にあなたもなってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク