新薬臨床試験って誰にでもできる?

誰にでもこの高収入バイトに就ける可能性はあります。
しかし、薬の効用を試すものですから、「必ず」「いつでも」「誰でも」できるものであるとは限りません。
新薬臨床試験という高収入バイトにはいくつかの制限が設けられていることが多いのです。
 わかりやすいところから言うと、まず、性別の制限があります。男性のみとか女性のみです。薬の種類によって
異なりますが、今まで私が見てきたところでは、男性の募集が圧倒的に多く見受けられました。体の大きさや、体力の問題からでしょうか。
 また、女性の場合、月経や妊娠の問題もあります。安全とはいっても試験ですから、それによりホルモン
バランスなどに影響が出て、妊娠や月経に異常をもたらせば、それこそ一大事です。薬の注意書きで、
「生理中の服用は避けてください。妊婦・妊娠の可能性のある方は医師にご相談ください。」などと
書かれているのを見たことがあると思います。それほど、女性の体と薬はシビアな関係なのです。
 性別だけではありません。日本国籍を持ち、黄色人種であること。つまり、ハーフなどでない純日本人
であることを求められる場合があります。これは人種により、体格や生活習慣、DNAなどが異なりますから、
当然、薬の効用にも差がでてきます。
 あと、肥満に対する薬なら、今肥満であることが条件であったり、高血圧の薬なら高血圧、心臓疾患の
薬であったら心臓疾患をもっているなど、特定の病気を条件とする場合もあります。
 その他、身長・体重、血液型、病歴などを問われる場合もありますので、自分の体に合った試験を選び、
決して無理をしないことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク