新薬臨床試験の募集頻度

 高収入バイトと一般的に言われる、新薬臨床試験の募集頻度はいったいどれくらいのものなのでしょうか?
「薬なんていつもそんなに新発売されてないし、そんな高収入が期待できるバイトなんて、めったに募集してないんじゃないの?」ってお思いの方も多いのではないでしょうか。
 製薬業界では日々新薬の開発が進んでいます。様々な病気が生まれ、それに対する新薬も日々研究、開発されているのです。新薬の開発は、医療の発展に欠かせないものなのです。
 また、製薬会社は新薬を開発しても、きちんとしたデータを集め、安全性が確認されない限り、厚生
労働省に認めてもらえず、薬として売り出すことができません。そのため、新薬臨床試験は必須なのです。
 
 「この新薬はカゼにとても効果があります。実験によって証明されました。」とあり、実験内容に目を
通すと、ほんの数人のしかも男性のみで実験、ある血液型の人はいない・・・こんな薬とても怖くて買い
ませんよね?
 そうです。新薬臨床実験には膨大なデータが必要なのです。ですから、様々な人が必要です。売り出した
あとに、A型に効いてもB型に効かないとか、男性に効いても女性に効かないなどがわかってはいけません。
たくさんの実験を繰り返し、たくさんのデータを集めるのが新薬臨床試験なのです。
 もちろん、毎日コンスタントにあるアルバイトではありません。1回の報酬も違うし、募集に制限があったりもします。
しかし、このアルバイトは紹介制で求人雑誌には載っていないこと、まだ世間ではあまり知られていないことを考えると、それだけでも高収入バイトとしての要件を満たしているといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク