ネットショップとPPC広告

 PPC広告とは Pay Per Click の略で、直訳すると「クリックにつき支払う広告」ということに
なります。実際は「クリック課金」と呼ばれています。
 例えば何かの言葉を検索エンジンで検索してみましょう。すると、検索結果のほかにページの最上
部もしくは最下部、右端等にその言葉に関わる言葉が表示されます。これがPPC広告なのです。
 広告の依頼する業者はある言葉が検索された際に、広告を表示するように、検索サイトへ依頼しま
す。そして、そのキーワードに対する競売を行ない、より高い値をつけた業者のサイトから優先的に
宣伝します。
 安いものだと7円から、人気のあるキーワードであるほど値はあがり、高いものだと100円を越
えたりもします。
 しかし、広告を依頼した業者は広告が表示された時点では何も支払う必要がなく、その広告を表示
されたときにだけ支払えばよいというとても無駄の少ない宣伝方法なのです。
 しかもクリックする人は、その情報を必要としている人なので、顧客になりうる可能性が非常に高
い効果的な宣伝になります。
 特に、検索エンジンで上位に表示されない間などには、大きな効果があるので、一度試してみても
よいと思います。
 高収入のためには多少の出費もガマンガマンです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク