美白への様々なアプローチ方法

一口に美白といっても、そのアプローチの仕方は数多く存在します。
まず、手軽なのは、デパートや、ドラッグストアの化粧品コーナーに並ぶ美白コスメです。メラニンを含む古い角質を取り除くといったピーリング効果のあるものや、ビタミンC誘導体などを含んだメラニンの生成を抑えるものがあります。
それ以外にも、アロマテラピーやハーブにも美白の効果を持つものがあります。また、紫外線予防のグッズや呼吸法、温泉などでも肌を美白に近づけることが出来ます。また、伝承、つまり民間療法なども、その1つといえますが、これらは医薬品としての効能は薬事法上謳われてはいません。
更にもう1段階強いものとして、医師により処方される塗り薬と、内服治療、そして、フォトフェイシャル・レーザー治療があります。この4種類は、そのシミの種類によって使い分けがされるものであって、その程度の違いではありません。
これに限ってはいませんが、薄く多様なシミがあるときは塗り薬が、肌への刺激がなく、比較的安価な治療を希望したときは内服薬が、そして、施術後、より目立たないようにしたいときはフォトフェイシャルやレーザー治療が行なわれることが多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク