食生活の改善による美白

美白には、食生活も大きく関わっています。
不健康な肌では、美白の効果は実感できません。健康な肌であればこそ、美白を感じることができるのです。ですから、健康な肌のために大切な、バランスのとれた食生活・充分の睡眠・適度な運動の3つは欠かすことのできない要素なのです。
では、どんな食生活を心がければよいのでしょうか?
皮膚は、爪や髪と同じくタンパク質を基に作られています。ですから、タンパク質はとても大切です。そして、細胞の酸化によるシミ・くすみを抑えてくれるビタミンCも、外せません。また、女性ホルモンの分泌を促し、血行を促進する働きをするビタミンEも摂取したほうがよいでしょう。
この3つの栄養素と、更に、ビタミンA・ビタミンB群も一緒に摂取することで、美白の効果は更に高まります。そして、もう1つ重要なのがカルシウムです。ビタミンCは、熱や温度、そして酸素に弱くとても不安定な栄養素です。そのため、調理したものを口から摂取しても、栄養素として働くまでにそのほとんどが壊れてしまうこともあります。カルシウムと一緒に摂取することで、体内に取り込みやすくするという効果があるのです。
それぞれの栄養素を、バランスよく摂取することで、確実に美白に近づけるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク