紫外線防御は最大の美白

美白には様々なアプローチがありますが、もっとも効果が高いのは紫外線を予防することです。シミの原因となるメラニンの生成は、紫外線やストレスやホルモンバランスの乱れにより促されます。ですから、そのメラニンの生成自体を防ぐことが美白に繋がるのです。
紫外線の予防には、日傘や帽子、日焼け止めがあります。
その、日焼け止めに含まれる成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。
紫外線吸収剤は、配合されている化学薬品に紫外線を吸収させるものであり、紫外線散乱剤は配合されている顔料で紫外線を反射させます。そのため、肌への負担は、紫外線吸収剤配合のものより、紫外線散乱剤配合の方が抑えられます。
SPF値というのにも気をつけましょう。
SPF値とは「Sun Protection Factor」の略で、SPF2のものを塗っていると、同じくらい日焼けするまでに何もつけないでいるより2倍の時間がかかる。という意味です。
この値は、10くらいまでは時間と正比例するようですが、それを超えると明確な実例はありません。その数値に比例して、肌への負担は高くなりますので、ある程度SPF値の低いものをこまめに塗り替えた方が、美白効果があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク