色彩による美白マジック

肌の色を白くするだけが美白ではありません。
実は、口紅の色、顔付近にある洋服や小物の色を上手に選ぶことによって、肌の色を一段白く見せるテクニックもあります。
同じアジア人でも、肌の色はオークル系、ピンク系、イエロー系・・・など数種類に分類されます。寒色系・暖色系だけの分類ではなく、その鮮やかさによる分類を行うのです。例えば、暖色系であるピンクにも、ショッキングピンクのように鮮やかなピンクが映える人もいれば、さくら色のように優しい色合いのピンクが映える人もいるのです。
主に大きく分類してベースは、ブルーベース、ピンクベース、イエローベースの3種類で、それにそれぞれ鮮やかさによる違いがあります。自分の肌の色を理解した上で、ファンデーションや口紅の色などを選んでいくことをオススメします。周りから「肌が明るくなった」と思われるには、ファンデーションや口紅、チークなどの単体の色ではなく、全体の色調が大切です。自然な肌色を生かすベースメイクができれば、確実に美白度を上げることはできるのです。
「自分が好きな色」ということだけで選んでいた洋服選びの観点を少し変えるだけで、美白肌を手に入れることができるなんて、魔法のようです。似合う色を選ぶことができれば、美白だけでなく、より若く見せることもできます。美白スキンケアや医療だけではない、「美白」へのステップです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク