ハーブで美白効果

中世ヨーロッパにおいて医療として用いられていたハーブは、美白にも効果があります。
現代医療のように即効性はありませんが、ハーブにも確実には薬効があります。”医学薬学の父”といわれるヒポクラテスもハーブの400以上の処方を残していますし、ヨーロッパだけでなく、中国やエジプト、インドなど広範囲で使用されたことが残されています。
美白に大敵のシミの原因になるメラニンは、ストレスを感じることによっても生成されます。ハーブの力で、そのストレスを解放させることで、肌を美白に近づけます。また、ハーブは自然治癒力や免疫力を高める効果もあります。肌自身がもつ治癒力を高めて、くすまない肌をつくることも「予防」という観点から、美白には効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク