ラベンダーで、美白になる

シソ科で、高い鎮静、消炎作用で一般的に知られているラベンダーは、爽やさと軽いフローラルとのバランスのよい香りを持つハーブです。香りを愉しむアロマテラピーとしてはもちろん、ラベンダーティーとして食用でも愉しめます。
その効能は、鎮静・消炎作用の他にも、皮膚の細胞を修復する痕跡形成の効果があります。ニキビ跡の消失や、日焼け、やけどの部分に直接ラベンダーオイルを塗布しても、効果があります。また、美白自体の効果もあります。その安全性の高さから、美白スキンケアに使用されることも多いのですが、現在の日本の薬事法では、ハーブの薬効が認められていないため、表立った効能が表示がなされていないことが多いようです。
その芳香は、鎮静や不安解消などにも効果があり、誘眠作用があるハーブでもあります。睡眠は、美しい肌のために外せない要素ですから、その点でも美白の効果があるといえるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク