美白治療の違い

美白スキンケア用品を使用しても、既にあるシミはとれにくいことは、先にお伝えしました。しかし、全く消えない訳ではありません。肌の表面に近い部分にあるシミは、比較的軽度のもので、使用方法によっては消すことが出来ます。それは、そのシミができた時期も関係します。できてから、時間がたっていないシミほど、美白ケア用品を使用すれば消えやすいのです。
では、美白スキンケア用品でどんなシミが消せるのでしょう?
日焼けや生活習慣によってできた老人性色素斑、ニキビなど炎症をおこしてできた炎症性色素沈着、肌荒れが治ったあとにできる発疹後色素沈着などは、美白スキンケアで充分に効果を感じることができるシミと考えてよいでしょう。
それでは、反対に、美白スキンケア用品よりも病院を受診したほうがよいと考えられるシミには、以下のようなものがあります。ひどい日焼けをしたときにできるただれたようなシミの光線性花弁状色素斑、皮膚が盛り上がったようにできた脂漏性角化症、そばかすなどはレーザー治療が高い効果を発揮します。そして、頬骨の下付近に左右対称にできる肝斑(かんぱん)というシミは、美白ケア用品では難しいですが、レーザー治療も向きません。医師の診断にもよりますが、塗り薬や飲み薬で消すようなケアが勧められるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク