美白の大敵シミ

早い人なら10代後半から目、鼻、頬の周りにかけてできてきます。30代~40代になると、頬を中心に額、こめかみに広がり、50代になると薄茶色だったものが全体的に濃くでてきます。医学的には、老人性色素斑といいます。
外的要因としては紫外線、化粧品に含まれる成分によって引き起こる化学反応、内的要因としてはストレスや食生活などの生活習慣が考えられます。
日焼けによる色素沈着でできたポイントシミは、レーザー治療が一般的に行われます。約1cm大のシミの治療で1万円前後が目安です。スポット用の美白スキンケアを使用しながら、集中的に美白成分を送ると効果が実感できます。
目の周りから頬にかけて、もやもやとできるシミは、内的要因が深く関わっているといえます。ストレスを溜め込まないように、程よく気分転換を行って、アロマで心を解してあげるのも効果的です。
シミは、いくつかの種類がありますが、すべて美白を妨げる1番の要因といえます。シミが1つなくなっただけで、肌はグンと美白に近づきます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク