美白の大敵肝斑

不規則な形で、頬、額、目や口の周りに突然できるのが肝斑です。紫外線による影響も考えられますが、肝臓や卵巣の機能の低下や、精神的に大きなダメージを受けたときにできやすく、中年期以降に表れます。また、ホルモンバランスの影響により妊娠中にできることもあります。
レーザー治療よりも、内服治療やソフトピーリングで対処されます。美白スキンケア用品も、その程度により効果を発揮します。
精神的な影響も大きく、体調によって薄くなったように見えたり、反対に濃くなったように思えたりします。
まだ、完全に解明されていない、より複雑なシミの一種です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク