美白の悩みニキビ跡

ニキビやニキビ跡も、美白を妨げる要因です。
小さく赤い赤ニキビと、白くポツッとできた白ニキビ。これらが、メイクや手でふれた時の刺激によって炎症を起こしてしまうと、肌に跡を残してしまうことになります。
皮膚が炎症を起こしてしまうと、メラニンが過剰に増えてシミの原因になりますし、ターンオーバー(肌の生まれ変わりのリズム)を乱してしまいます。そうして、固く黒く変化した皮膚細胞が皮膚に留まることで、肌の上ではシミへと変化してしまうのです。
ニキビ跡をつくってしまったら、まずその部分をやさしくピーリングして、古くなった不要な角質を取り除いて、皮膚の再生を促します。ターンオーバー(肌の生まれ変わりのリズム)を整えてあがれば、自然に徐々に薄くなり、美白を感じることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク