美白の悩み黒皮症

黒皮症とは、肌のかぶれの一種で、もともと素因のある人に、原因物質が皮膚に反応して起こる、顔面の黒褐色の強い色素沈着です。
顔面や首、デコルテラインに至るまでに表れ、境界の不明瞭な、細かい、暗紫赤~褐色・黒色なのが特徴です。
原因は、化粧品に含まれる油分であることが多く、通常、肌の表面部分にあるメラニン色素が肌の奥深くに落ち込んで留まるために、顔全体が黒ずんだように見えます。タール色素の赤色219号、ジャスミン油、パラベンなどが原因となっていることが多いようです。
この症状に気付いたら、まずは原因と思われる外的要因を取り除くことが大切です。皮膚科を受診して、原因物質を見つけましょう。
日常生活では、この症状が見られるときは皮膚のバリア機能が低下しているので、メイクは避け、マッサージなどの摩擦や、紫外線も避けるように気をつけて下さい。
黒皮症は、美白を妨げるシミの一種ではありますが、医学的な病気ですので、皮膚科医の診断に従って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク