ファイトケミカルで美白の効果

近年、注目されている成分に「ファイトケミカル」というのがあります。
ギリシャ語で、植物を意味する「ファイト」と化学と意味する「ケミカル」を併せた言葉です。主に植物に含まれている非栄養素で、免疫力を高めたり、病気を予防したり、アンチエイジング作用があるといわれています。
ファイトケミカルは、植物の色素・香り・辛味または苦味の成分で、緑黄色野菜だけでなく淡色野菜にも存在します。
赤ワインのポリフェノール、スイカやトマトの赤色成分であるリコピン、大豆のイソフラボン、 ゴマのリグナン、お茶のカテキンやタンニンなど、身近なものにもたくさん含まれています。
ちなみに、この非栄養素とは、栄養素ではないもの。ということを表します。ここで、栄養素とはエネルギー源である糖質・脂質、体を構成する成分であるタンパク質・ミネラル、また代謝や体の機能を整えるビタミンやミネラルと、第6の栄養素といわれている食物繊維のことを指します。ファイトケミカルとは、これらの栄養素ではなく、しかし、アンチエイジングや美白などの機能をもつ機能性成分を指します。
これらのファイトケミカルは、肌荒れや、不眠、疲れを解消する効果がある成分として、注目されています。これらの症状を解消することは、肌を美白へ近づける効果もあります。すなわち、健やかな体を作る力をもつ非栄養素が、美白を手助けしてくれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク