美白に効く栄養素タンパク質

肌をつくる基となるのがタンパク質です。健やかな肌が、美白の基本となることを考えれば、外すことのできない栄養素です。体内でコラーゲンを生成する基にもなるので、肌のハリを保ち、新陳代謝を促進させる、まさに美白・美肌の基本となります。
タンパク質には、動物性と植物性のものがあります。動物性タンパク質は、肉や魚、卵、乳製品などに含まれています。摂り過ぎは、肥満や動脈硬化といった生活習慣病にかかる危険性があります。植物性タンパク質は、穀類や豆類などに多く含まれます。
1日あたりの摂取目安量は、成人男性で865~70g、女性55gといわれています。目安としては、体重1kgに対して1~1.2gと考えるとよいでしょう。これは、まぐろ赤身約200g、牛肉約300g、たまご5個に含まれます。他にもチーズ、豆腐、納豆、牛乳などにも含まれています。エビとチーズ、鮭とアボカドなどのように、動物性と植物性の食品を組み合わせることで、体内のアミノ酸バランスを整えることができます。タンパク質だけに限らず、いくつかの食材を用いた献立作りが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク