美白に効く栄養素ビタミンA

ビタミンAには、皮膚の新陳代謝を促し、肌荒れや老化を防ぐ働きがあります。さらに粘膜の働きを正常に保ったり、骨の発育、視覚作用に重要な働きをします。
脂溶性で、そもそもビタミンAの効力をもつレチノールと体内でビタミンAに変換されるβ-カロテンの2種類があります。レチノールは、レバーやウナギなど動物性のものに含まれていて、β-カロテンは、主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれます。β-カロテンの場合、体内で必要な分だけがビタミンAに変換されます。レチノールは、摂り過ぎると過剰症が出る恐れがありますが、通常の食事であれば、特に心配はないようです。
ビタミンAの1日あたりの摂取目安量は成人男性で700~750μg、成人女性で600μgです。 これは、人参だと約100g、ほうれん草だと約120g、うなぎでは約20gに含まれます。他にも、かぼちゃ、青じそ、鮭などに多く含まれます。 
ビタミンAは脂溶性のため、体内に取り込みやすくするためには、油を使った調理に適しています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク