薬用美白成分アルブチン

以前は、医師が治療にのみ使用していたハイドロキノンという強力な美白成分に、糖をあわせることで安定化させたのが、アルブチンです。
メラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑えるため、メラニンが過剰にできるのを防ぎます。水溶性のため、肌の奥に入りづらいという難点はありますが、その使いやすさと効果の高さから、美白コスメと呼ばれる商品の3割以上に採用されています。
コケモモや洋ナシなど自然界のものに含まれる成分で、天然由来であることも支持される所以です。以前は、資生堂だけがアルブチンを使用する特許を取得していましたが、近年主要な特許が切れたこともあり、競合各社も今後採用すると考えられている美白の顔ともいえる成分です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク