薬用美白成分ビタミンC

美白に効果が高いビタミンCは、とても壊れやすく不安定な物質です。ですから、ビタミンCを肌の奥まで届くよう安定化をして、使いやすくしたものをビタミンC誘導体といいます。ビタミンCにプラスアルファしたもので、それによって水溶性のもの、油溶性のもの、水にも油にもなじむものとタイプがあります。
ビタミンC誘導体は、肌に浸透してビタミンCに変化します。メラニンの生成を抑え、また黒色メラニンの淡色化を促進する働きがあります。最近は抗酸化作用も注目されていて、紫外線が発生させる活性酸素を除去して、日焼けや光老化を防ぐ働きもします。毛穴の角化と黒化を改善する働きもするので、毛穴の引き締めや黒ずみにも効果があります。
ビタミンC誘導体には、いくつかの種類があります。AA2G(グルコシド型C誘導体)、APM・APS(水溶性C誘導体)、APPS(両親和性C誘導体)、EPC(ビタミンC・E結合型誘導体)、VCIP(油溶性C誘導体)がそれに当たります。それぞれに効果が異なりますが、美白の効果が高いことには共通しています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク