薬用美白成分マグノリグナン

2005年に認可され、2006年3月に初めて製品化マグノリグナンは、新しい美白成分です。
モクレン科のホオノキなどに含まれるポリフェノールに似た化合物を合わせて開発したもので、メラニンの生成に働きかけるチロシナーゼ酵素の生成を防ぎ、メラニンの生成を防ぎます。アルブチンやビタミンCよりも、安定性に優れており、他の美白成分と組み合わせて使うこともできるため、より高い美白効果が期待できます。
モクレン科の樹皮に多く含まれている天然由来成分を使用していて、安全性の高さも高い支持の裏づけです。リピーター現象も多く発生しています。6ヶ月の使用テストで、肝斑などのシミに対し、86%の効果があったという実績もあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク