米ぬかを使った美白術

美白に効果があるとして、古くから愛用されてきた米ぬかは、主にぬか袋として用いられて洗顔に使われてきました。
ぬか袋とは、白ぬか(化粧糠)を木綿の袋に入れたものです。
お湯、またはぬるま湯の中で軽くもんで、水分をよく含ませたら、その袋で顔全体をマッサージするように洗います。使用後は、軽くしぼって水気を切っておきます。
清潔を保つために、袋に詰めた糠は3~4日ごとに取り替えることをお勧めします。
この化粧糠は、循環式の精米機を持っているお米屋さんにいけば手に入りますが、近年は少なくなっているようです。市販の漬物用の糠でも充分に美容効果はあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク