スカルプケアで美白アプローチ

頭皮は、常に髪の毛に覆われているので、とても敏感です。指の腹を使って、やさしく刺激しましょう。爪は短く揃えておいた方がよいでしょう。
<スカルプケアの基本6つの流れ>
1)指先で押します。
1ヵ所に対して、3~5秒かけて押します。気持ちいいと感じるくらいの力で押しましょう。
「美白、美白」と思いながら行なうよりも、コリと緊張をほぐすようにゆったりしたイメージで行ないましょう。
2)円を描くようにもみこみます。
指先を使って、円を描くように頭皮をもみこみます。頭皮は少し柔らかく、そして、軽く動くぐらいが健康な状態です。
3)頭皮をつまみましょう。
ストレスが多いと、頭皮は硬くなっていることが多いようです。軽くつまんで→離す→つまんで→離す・・・を繰り返すと、頭皮の血行を促進し、こわばりが解消されます。
4)髪を引っ張りましょう。
あくまでも、優しく行なうのが鉄則です。頭皮の下にある筋肉を刺激して、頭皮を柔らかく保ちます。
5)手を丸めて、軽くたたく
手の軽くにぎって、リズミカルにたたきます。全体的にたたいていくと、血行がよくなり、顔色が明るくなりますが、優しく行なうように気をつけてください。
6)髪をなでましょう。
マッサージの最後は、髪と頭皮を優しくなでましょう。リラックス効果が高く、気分も落ち着けます。
マッサージブラシを使って行なうと、簡単に頭皮を刺激できます。普通のブラシでも、軽い感触のものであれば頭皮を傷つけず、効果はあります。
美白は、健やかな肌から生まれます。健やかな肌のために、毎日のシャンプーに取り入れると1週間を過ぎたころから、効果を実感できます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク