美白の大敵クマ

“お疲れ顔”の代名詞ともされるクマで悩む女性は、とても多くいます。目の下にできることが多く、目立つ部分であるため、顔色を一段暗く見せてしまうことから、美白の大敵ともいえます。
クマには「茶クマ」と「青クマ」との2種類があります。青っぽいクマは血行不良が原因です。目の周りは皮膚が薄いために、うっ血が透けて見えるのです。茶色っぽいクマは、クレンジング不足、こすり過ぎによる色素沈着が原因です。
クマは、生活が不規則であったり、睡眠が適度にとれなかったり、重なる疲労が快復できないときに症状としてあらわれます。女性ホルモンが影響しているという説もあり、人によっては月経前後にでやすくなる場合もあります。
血行が悪く、血流が停滞することで、皮膚が薄い目元付近の静脈が黒ずんで見えてしまうことがクマのメカニズムです。そのため、紫外線を受けることでメラニンが生成されてできるシミとは、対処の方法が異なります。クマは、レーザー治療やフォトフェイシャルでは改善できないのです。
充分な睡眠をとり、新陳代謝をよくして、血行を促進してあげることが、クマの改善の第1歩です。目の周りは、皮膚が体の中で最も薄くデリケートな部分なので、やさしくマッサージをして血行を促進してあげると効果的でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク