美白に向ける化粧水のバリエーション

保水に、ローションタイプ・ジェルタイプ・スプレータイプ・・・などがあるように、保湿にも美容液タイプ・乳液タイプ・クリームタイプ・オイルタイプなどがあります。
美白スキンケア用品にも、それぞれの種類のものがありますが、それぞれに使用感や使用方法が異なります。それぞれの特性を知って、美白効果をさらに高めるような使い方をしましょう。
<保湿の種類>
美容液タイプ・・・トロリとした感触のものが多く、クリームや乳液に比べて、高濃度のものが多くあります。顔全体にのばして使用しますが、気になる箇所に、トントントンとなじませるようにして集中して使用するという使い方もあります。ニキビなどができている部分に塗布するのは逆効果です。
乳液タイプ・・・皮脂膜に近いバランスで、水分と脂分を与えてくれます。夜にコッテリした美容液やクリームを用いても、朝は乳液を使用するなど、その場面によっても使用を考慮します。
クリームタイプ・・・かなりコッテリとした保湿成分です。ダメージ肌の方、乾燥肌の方は化粧水のあとに、乳液を塗布し、最後に重ねることもあります。
化粧水→美容液→化粧水→クリーム・・・と肌につけると、乾燥肌はうるおいのある肌に変わります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク