保湿による美白ケア

化粧水でうるおいを与えたら、そのうるおいをキープするように上から保護してあげるのが乳液やクリーム、美容液の最たる効果です。
肌へうるおいを与えることを保水、そして、肌を保護することを保湿といいます。
肌はいくつもの層に分かれています。保湿成分が肌に浸透するのは、肌の表面から3枚目ぐらいまでです。それに対し、美白スキンケアの成分は、肌の奥深くのメラノサイトまで浸透し、効果を発揮します。
では、なぜ保湿成分に美白の効果があるといえるのでしょう?
保湿成分は肌の表面を保護して、うるおいをキープすることで、肌にバリアを張り、うるおいが逃げるのを防ぎ、紫外線など外的刺激から肌を守ります。つまり、保湿成分によって肌を保護されていないと、せっかくの美白の成分の効果が半減してしまうのです。
保湿は、薬用美白成分が入っているもの以外は、直接美白に働きかけるものではありません。しかし、美白成分を効果的に働かせるためには欠かせないケアなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク