うっかり焼けは、くすみの原因

「うっかり焼け」という言葉があります。
外出する時に、どんなに美白に注意して帽子や日傘をさしていても、洗濯干しや外からの光が差し込む室内にいるといった、ほんの短時間を毎日続けることで、日に日に紫外線量が体内に蓄積し、気付いた時には日焼けしている。というものです。
太陽の日差しを浴びると、平均して約15分で赤みなどを生じたり、人によってはかぶれを起こす場合もあります。
その15分の間に、肌細胞の中では、約5分でランゲルハンス細胞がダメージを受け、約8分でケラチノサイトが破壊されているという、クラランスの実験結果があります。
ほんの少しの「うっかり」浴びた紫外線でも、充分に美白から遠ざかってしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク