美白を妨げるUVAとUVB

美白の大敵ともいえる紫外線。
紫外線を避けること、日焼けを予防することは最も効果がある美白です。
地表まで届く紫外線には、UV-A波とUV-B波があります。
UV-A波は、肌の深くに到達してシワやたるみなどを作る原因となり、UV-B波はシミやそばかすの原因となります。
UV-A波は、曇りの日でも、晴れている日でも変わらずに、地表に降り注ぎ、冬でも夏の半分の量が降り注いでいることが分かっています。それに対し、UV-B波は陽射しが強いときほど地表まで届きますが、冬は夏の半量以下だといわれています。
UV-A波を防ぐ指標はPA値、UV-B波を防ぐための指標になるのはSPF値です。
こうして説明すると、美白のためにはSPF値だけを気にしていればよいという誤った考えを持ってしまうかもしれませんが、シワやたるみをつくるUV-Aも、しっかりガードしないと新陳代謝の低下は、シミやそばかすを引き起こす原因となるのです。
その質が異なるUV-AとUV-B。その2種類をしっかりとガードして、更なる美白を守りたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク