アレキサンドライトレーザーよる美白治療

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使って755nm(ナノメートル)という波長をつくり、可視光と赤外線の中間程度の赤色光線を出す医療レーザーです。
その光線は皮下脂肪組織にまで到達します。黒色だけでなく、緑色のメラニンにも反応するので全般的なシミの治療に効果があり、肌を美白へと導きます。
ただし、赤色には反応しないので、赤あざの治療には適しません。
パルス幅が短いQスイッチレーザーは、シミやアザの治療に利用されます。
また、パルス幅を長くしたものは、脱毛の作用もあります。
<効果があるシミの種類>
シミ・そばかす・外傷性の刺青など

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク