ケミカルピーリング体験談50代女性

<ケミカルピーリングの体験談>
50代 女性 加齢によるシミ・くすみ
エステティシャンなので、皆さんにおすすめできるように、自分が試すつもりで受けました。
それまでにも、新しい技術が入るたびに、試してみることもありましたが、今回のピーリングは肌の奥深くにあるシミをとろうというもので、その後数日は紫外線をまったく浴びてはいけないという強力なものでしたから、家族の協力や、仕事の調整などをして、行いました。
まず、知ってはいましたが、一般の皆さんと同じように、皮膚のメカニズムやお手本の生活スタイルなどの講義をDVDで見ました。軽い人から、私のように強力な施術を受ける人まで同じDVDを見ます。程度によっては、軽いケミカルピーリングを数回受ける人や、強力なものを1回受ける人など、その肌の様子によって様々なようです。ケミカルピーリングは、総じて、1度受けると一定の間隔で受ける、いわゆるリピーターが多いようです。
その後、再度、ケミカルピーリングを行うかどうかの確認をされ、施術になります。このカウンセリングまでは無料なので、もし気が変わって施術しなかったら無料ということになります。
施術前には、治療への同意書を作成しました。この同意書にサインが、我ながら少し緊張しました。これから、2~3日、紫外線を浴びないんだなーなんて、思いながらサインしました。
処置室に入ると、横になります。既に、ノーメイクでしたが、さらに丁寧に顔を拭きとってくれて、施術です。薬剤を顔に2~3分載せた後、20分程度冷却します。担当の方が、顔に薬剤を塗ってくれます。チリッと熱いような、痛いような感触があります。スムーズな手つきで顔全体へ塗り広げます。顔全体ですから、目や口の周りなどの敏感な部位はちゃんとカバーしてくれています。それから、2~3分ほどで拭き取りです。
あっという間で、薬剤を塗ったときのチリッとした感じ以外は、まったく痛くもかゆくもありませんでした。
薬剤を拭き取った後は、うるおいたっぷりのマスクを顔に載せてくれました。これがひんやりしていて気持ちよかったです。
私は入りませんでしたが、受けた当日からお風呂にも入れるみたいです。生活自体にはまったく支障がなく、同じように過ごしますが、紫外線だけには注意するように言われました。家の中にいても、窓の近くなどは紫外線が当たるので、気をつけるように念を押されます。
ケミカルピーリングが終わると水で洗顔してから、メイクルームに案内されました。ケミカルピーリングが終わった後、すぐにメイクはできるそうですが、化粧水と保湿クリームだけしかつけませんでした。
その後、紫外線に当たらないように注意して過ごしました。少し赤くなりましたが、2日後には赤みもひきます。今は、満足のいく効果を感じています。
私が受けたのは2004年なので、また変わっているところもあると思いますし、また肌の様子によっても違うようです。医師の診断に従って、もちろん自分で判断することも大切です。軽いものでも、肌に薬剤をつけるのですから、ちゃんと説明をしてくれて、納得できるところを探して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク