カラーコーディネートの歴史

日本でのカラーコーディネーターの歴史は浅く、20年ほど前からだんだんと知られるようになりビジネスとして確立してきました。
ここ10年ほどは、ファッションや建築などのさまざまな場面で色に関する仕事を求める声が急増しているため、カラーコーディネーターをめざして色の知識を追求する方たちが増えてきています。つまり、 カラーコーディネートを必要としている現場(需要)と色彩の専門家をめざす人たち(供給)が、ともに拡大してきているのです。
もともとの発祥はアメリカと言われていて、肌や髪や目の色などを細かく分析しながらその人に似合う色を選んでいく「パーソナルカラー」という分野が生まれたことにあります。
歴史的に有名なアメリカの大統領選挙‘ケネディvsニクソン戦’でイメージ戦略として用いられたことから世の中に広まったと言われています。
「カラーコーディネーター」と言葉にしてしまうとまだまだ歴史は浅いですが、日本人はもともと色彩感覚の優れた民族です。平安時代の衣装や住まいを思い浮かべてみても、その優れた感覚を見てとる事ができますよね。当時の着物や工芸品などは、今見ても古さを感じさせません。きらびやかなのにどことなく秩序があって・・・配色においては繊細であるのに大胆な部分を持っています。
自然を愛してともに暮らし、自然をお手本にすることで作り上げられた日本人の感性・・・。私たちは世界に誇れる色彩感覚を昔からはぐくんできたのです。‘和ブーム’といわれる現在の世界において、日本の色彩美は注目される存在になっています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク