求められているんです!

カラーコーディネーターが活躍できる分野ってどんな分野なんだろう?と考えたときに思い浮かべるものは、ファッション、メイク、インテリア・・・こんなかんじでしょうか。
実は、もっともっとたくさんあるんです。個人に対するカラーアドバイス・メイクアップ、ファッション、インテリア、グラフィックデザインから、メーカーにおける商品企画や販売促進、建築、都市の景観に対する色彩計画といった仕事まで、色彩が関わるありとあらゆる分野に活躍の場があります。
また、色彩に関する専門知識を持っていることによって、ほかの分野で活躍する専門家の方たちとも協力して幅広く活躍できる。という応用範囲の広さも魅力です。色彩を分析したり調和させたりしながら、あらゆる分野での色彩に関わることのできる仕事なのです。
最近では本当にいろいろな色の話題がありますね。パソコンなどの電化製品や車などの色の選択肢が多すぎて、ついつい何時間も悩んだあげくに買わずに帰ってしまったり・・・これは私の話ですが、どの色にしようかと悩んでいるときの自分はいつもルンルン♪しているように感じます。また、色の効果でダイエット!?といったような話題も事欠かなくなっていますね。目には見えない色の力にも注目が集まっています。
近頃、あらためて‘色’というものの視覚の効果に期待をよせる声が高まってきていることを実感します。カラーコーディネーターの活躍の場はこれから先もどんどん広がって行くでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク