資格をいかせばもっと活躍できる

カラーコーディネーターは資格を持っていなくてもできる職業です。しかし、色彩が関係してくる資格を合わせて取得することでどんどん仕事の幅を広げていくことができるんですよ!
逆にいうと、ほかの資格を持っている人が、カラーコーディネーターの資格を持つことによって色に対する理解がより深まり、仕事に奥行きをもたせるということもできます。
★カラーコーディネーターの資格が活かせる仕事☆
○ライフスタイルから・・・テーブルコーディネーター・フードコーディネーター・フラワー装飾技能士・ラッピングコーディネーター・ブライダルコーディネーター
ライフスタイルに関する仕事は、最近特に注目されてきています。ストレス社会といわれる現在、生活の中から安らぎや健康を求める声が増えているのです。その大きな力として「色」に期待が集まっています。
○ファッション・ビューティー関係から・・・ファッションデザイナー・ファッションコーディネーター・テキスタイルデザイナー・メイクアップアーティスト・ネイリスト・ヘアスタイリスト
これは一番色を扱う仕事として思い浮かべる職種ではないでしょうか。目に見える部分が大きい分、はっきりと他人に評価されやすいといえるでしょう。色彩に関する知識はもちろんですが、個人個人のセンスも必要になってきます。独自の色のスタイルを形にしたい方にはおすすめかもしれません。
○建築・インテリア関係から・・・1級建築士、2級建築士・インテリアコーディネーター・照明コンサルタント
建築・インテリア関係は、ライフスタイルに関する色の働きと同じように、自分の生活する空間をより心地よくつくり上げたいということから、壁紙や照明などのひとつひとつにこだわる方が増えています。たくさんの便利なものに囲まれていますが、新しいモノを買うのではなく、普段目にする色から考えようと取り組む企業も増えてきています。
○商品開発・広告デザイン関係から・・・グラフィックデザイナー・工業デザイナー・Webデザイナー
これからの時代、商品開発の能力はもちろん重要ですが、Webデザイナーに代表されるコンピューター関連の勉強はしていて絶対に損はありません。仕事ではなくても、自分自身のホームページをつくるときなどにおおいに役に立ちます!これからまだまだ進化していく業界なので、目が離せませんね。
○その他・・・カラーセラピスト・アートセラピスト・福祉、医療関連・教育
「生活に溢れる色で心のケアを!」という考え方たが広まっています。ひとりひとりが抱える心の悩みを少しでも楽にできるように、とセラピストをはじめ医療関係に至るまで多くのカラーコーディネーターが活躍しています。
まだまだ活かせる仕事は未知数で、無限に広がっていくでしょう。
どのような仕事にカラーコーディネーターという仕事を組み合わせていくのか、それはあなた次第でいくらでも増やしていけるんですよ!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク