商品デザイン・広告の仕事(応用例)

商品デザイン・広告の仕事ができると、こんな仕事に応用できます。
応用例①
・グラフィックデザイナー、パッケージデザイナー、フォトグラファー、スタイリスト。
色の選択力と配色センスを身につけたり、なによりプレゼンテーション能力が身につくので、成功するためにはとても大きな経験になるでしょう。
応用例②
・あらゆるメーカーの経営者やお店のオーナー。
いろいろな企画を経験して、自分自身がディレクターやデザイナーの力も身につくので、一人でスピーディーな決断と実行をすることができます。自分の思う通りにいろいろな面から考える事ができるので、低コストで経営全般に生かすことができるでしょう。
もちろん、カラーコーディネーターというよい色の使い手であることは欠かせません。また、その能力を生かして社員を教育していくことで、全体のレベルを引き上げていくこともできるのです。
応用例③
・開発のエキスパート“ヒットメーカー”
ネーミングの色、音と色、重さと色、ターゲットの人たちが好むラインと色、キャラクターデザインと色、市場においてのライバルの色との関係、流行色と新商品の色、これらを複合的にとらえて考えることができることで、具体的な色を提案できる力がつきます。
新商品の開発は、何を作るかというアイデアはもしろんですが、ネーミングや機能の改良、そして最後の決め手としてデザインが成功と失敗を分けることになるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク