仕事の形態

カラーコーディネーターの仕事の形態として、
・企業に属して働く
・フリーランスで働く
・起業する
という方法があげられます。
今現在、カラーコーディネーターとして活躍している人たちの内訳は、企業のデザイン関連の部署や戦略室で働く人は少なくて、フリーランス(その都度、自由に契約する)で活動したり、自らスタジオを開いたりして活動する人がほとんどの状態です。
企業に属する人が少ない理由は、対象となる仕事の内容が限られてくるから。という意見が多く聞かれます。仕事をしながらも、自分自身のカラーコーディネーターとしての力を磨いていきたい。と思われる方がほとんどなので、フリーランスや企業という形態を選ばれるのも納得というところです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク