遅すぎる。はない!

カラーコーディネーターの仕事をはじめるのに、遅すぎるということはありません。なぜかというと、カラーコーディネーターに関係がなさそうな仕事や今までの経験がとても必要とされる職業だからです。
最初についた職業がカラーコーディネーター。という場合は、これからどんどんいろいろな経験をし、場数を踏んでいくことでよりプロフェッショナルに磨きがかかっていくことでしょう。
一方、ある一定の期間家庭に入っていて仕事から離れていたみなさん。どうぞその知識や経験を活かしてください!カラーコーディネーターの仕事は、勉強した知識だけでやっていけるものではなくて、いろいろな視点からの考え方や使い方などのアイデアが必要になってきます。そこで、仕事をしている人にはひらめかないアイデアを持った方たちの出番になってくるのです。
最近では、おとなになってからはじめる学習効果というのが注目されているそうで、小さい頃から頭に入れていくものとはまた違った効果があるのだそうです。いろいろな知識をふまえたうえでさらにさらに勉強することで、人それぞれに新しい力が生まれるのでしょうね☆

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク