癒しの仕事

近頃、ストレスなどから体調を崩したり、精神面に支障をきたす人が増えてきています。‘癒しブーム’と言われ、アロマテラピーなどとともに色彩心理を利用するカラーセラピーが幅広く知られるようになりました。どんどん人気も高まってきています!
医療の現場でも、カラーセラピーが取り入れられるようになりました。特にヨーロッパやアメリカではこうした医療の現場での色彩研究が進み、イギリスでは、なんと保険の適用も受けることができるそうです。すっかりおなじみになっているアロマテラピーや、動物と触れ合うアニマルセラピー、アートセラピー、音楽療法などどともに、その心理的効果や、身体的効果が認められています。
このように、カラーセラピーの効果をうたった情報が広まり、一般の人からの相談も徐々に増えていっている状況です。書店で、カラーセラピーに関するたくさんの書物も見られるようになってきました。そのぶん、情報がさくそうし本当に伝えたい相手になかなか伝えられない状況になってきているように思います。
疲労感を感じている日本人がどんどん増えてきているといわれる現代社会で、カラーコーディネーターのような心に関する対処法を持った人材が求められているのです。カラーコーディネーターにとって‘癒し’のブームは来るべくして来た!のかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク