カラーセラピーとは

カラーセラピーとは、「色の働きをうまく使って、人を癒す」ということはなんとなくわかっていただけると思います。そこで、実際にはどんなことを行っているのか、もっと知ってみましょう!!
方法としては、・対話形式で行うもの・絵の描かれたカードを使って行うもの・色のついた天然石を使って行うもの・カラーボトルと呼ばれる、色のついた液体の入ったビンを使って行うもの・・・ほかにもさまざまな方法があります。さらにセラピストによって、これらを組み合わせたり、オリジナルなるの方法を生みだしたりするケースも見られます。
このようにいろいろな方法はありますが、基本は色彩心理による‘人を癒す効果’を利用したものです。相談に訪れる内容は、結婚や恋愛の悩み、人間関係、体調がよくない、うつの症状が続いているなど、多岐にわたります。
「色を変えただけで、悪いところや悩み事がなくなるわけがない。」と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、いまやカラーセラピーは医療の現場にも取り入れられ、癒し効果が高いと立証されている療法なのです。きっと、あなたの生活もよりいっそう楽しく生まれ変わるはずですよ♪

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク