個人住宅に対するカラーコーディネーターの仕事

最近増えてきているのが、個人で住む家の設計を建築設計士に依頼するというケースです。こういった住宅の依頼主(施主)は、デザインはもちろんですが色彩についてもいっそうこだわりを持っていて、自分の好みやセンスに合ったスペースにふさわしい快適さを求めています。
そこで、カラーコーディネーターの出番です。建築家とタッグを組んで、住む人の好みを存分に活かした、満足度の高い色彩提案をしていきます。壁やキッチン、家具、カーテンの色など、家全体のカラーコーディネートを考えます。
こういう場合、先ほども言ったように依頼主の方がこだわる方が多いので、依頼主の心もくみとり、建築家の心もくみとり、そして自分自身の知識とノウハウを合体させてつくり上げていきます。とても根気のいる作業ですし、やっぱり人の心をよむ力が大切になってきますね。こうして出来上がった建築物には、なにか魂というかそこにある存在感を感じることがあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク