壁の色と床の色

目をつむって思い浮かべてみてください。
あなたの目のまえには、二つの天井の低い部屋があります。
一方には、天井に、明度の低い暗い色を使います。
もう一方には、逆に、床の部分に明度の低い暗い色を使います。
二つの部屋をくらべてみてどうですか?
部屋の天井の部分に一番暗い色があると、圧迫感が強くなってしまってなんだか息苦しい感じがします。
一方、床の部分に暗い色を使っている部屋は、どっしりと安定感が感じられると思います。同じ部屋なのにこんなに受ける感じが違ってくるなんて不思議ですよね。
もし、部屋の天井の色が暗くて圧迫感を感じてしまっている人で、天井の色を変えよう!とお考えのひとがいたら、何色にするのかは自由ですが、せめて壁の色よりは明るくしてください。いくら元の色よりは明るいとはいえ、壁の色よりも明度が低いと同じような結果になってしまいますよ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク