個人住宅におけるインテリア

個人住宅の場合、ほとんどの場面でインテリアコーディネーターが色を決めていきます。
ハウスメーカーや工務店に勤めるインテリアコーディネーターたちが、住宅全体のインテリアを手がけるパターン。
家具や設備機器、インテリアに使う布製品(ファブリック)のメーカーのコーディネーターたちが、自社製品のコーディネートを住宅に行うパターン。などです。
個人住宅のように規模の小さい建物に、今のところカラーコーディネーターが専門的にアドバイスを行うということは、あまりみられないようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク