ユニバーサルデザイン

とても複雑な東京の地下鉄。各路線を色分けすることで、一目でどの路線かわかるようになっています。ほかには、歩道の段差の部分は色を変えてわかりやすく注意をうながしたり、施設内のドアの色をカラフルな色に塗り分けることによってよりわかりやすくするなど、人にやさしい配慮があちらこちらで見られるようになりました。
このように、色彩などを考えて障害者のある人や高齢者、子どもなど、だれでも使いやすい機能や選択性をもったデザインを、ユニバーサルデザインといいます。
例えば、人の目は、歳をとるにつれて眼球のなかの水晶体が黄色に変化してきます。そのために、青や青紫は濃いグレーのように見えて、色の識別が難しくなります。この場合、配色の明るさの度合いを大きくすると、色の差がわかりやすくなるのです。
このように、これからは障害のある人や高齢の人たちなどにもわかりやすく、生活しやすい色彩を考えることがますます重要になってきます。福祉や身体に関する知識もどんどん勉強しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク