建築・インテリアの仕事(応用例)

建築・インテリアの仕事で身につけた力は、こんなことにも生かすことができます。
応用例①
・演劇などの舞台セットのデザイン
・ゲームソフトの背景デザイン
・イベント用のブースデザイン
・大がかりなディスプレイプランの作成 など
架空であったり、一過性の空間を芸術的に、しかも早く効果的に生みだすことができます。
♪たくさんのたのしいアイデアを、つぎつぎと考え出すことのできる人に向いています。
応用例②
・カーテン、家具、机、イス、ブラインドなどインテリアに関わる商品を販売する。
カラーコーディネーターの力と、空間をうまくイメージできる力を生かして、よりいっそうリアルなプランをその場で考えることができます。この能力は、スピーディーで確実な商談へとつながっていきます。
当然、ディスプレイ能力は最高に発揮できるはずです。
応用例③
・異なるイメージの店舗を数多く持ちたい企業へのアドバイス。
異なるものをたくさんイメージするということは、簡単なことではありません。そこでカラーコーディネーターの力と建築・インテリアの知識を持った人材が必要になってくるわけです。もっというと、自分自身が経営者であれば、持っている知識を生かしながら低コストで理想的な店舗を作っていくことができるということです。
理想的なレイアウトやスペースの大きさは、本当に使う人こそが一番よくわかっているんですよ!!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク