これからはクリエイター

これからはパーソナルカラーにも増して、コーポレートカラーのプロフェッショナルを多く育てていかなければならなくなるでしょう。
特に、インターネットのホームページなどのデザインまでを含んだディレクション(指揮や指導)ができるような人が必要とされてくるのです。
インターネットのような人と人とのふれあいがない場では、色によって大きく影響されやすいのです。ほとんど目から入ってくる情報になるので、あの膨大な情報量のなかで、おとずれた人たちがどれだけその画面に目を留めてくれるかの勝負です。見る人にとっては一瞬ですが、企業はその一瞬にかけているんですね。そこから広がる可能性は無限大ですからおのずと力を入れずにはいかなくなります。
ここで活躍するのがカラーコーディネーターです。色の知識と経験を活かして、きっと企業にも人々にも大きな影響を与えることができるでしょう。
色の選択基準や調和させるコツは、たとえ対象が何になっても共通していて変わることはないので、カラーセンスを磨いた人からどんどん先にメディアのクリエイターに挑戦していくべきではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク