着こなし方を工夫しよう!

<自分に似合わない色を着る場合>
色を顔から離れた位置にもってくることによって、顔うつりの悪さから、肌の色がくすんだり暗くなることを避けます。
つまり、襟ぐりの大きな服を選ぶことによって、顔うつりの悪さを解消するのです。
別の方法としては、自分に似合う色のスカーフなどを小物に使って、顔に近い部分を覆うことで、肌をきれいに見せるということもできるんですよ!!
こうしたアドバイスをすることも、パーソナルカラー診断の専門家としての大切な仕事なのです★

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク