人の数だけ正解がある

それはそれはいろんな人がいます。
・「自分はどちらの色が好きかわからない。」という人。
・あれもこれも似合うと言われることは不満で、「これしかない。」と言ってほしいひと。
・自分に似合わない色が、自分の好きな色であったというショックから、立ち直れない人。など
だから公式というものがないのです。
今まで通用したはずのルールやマナーが、逆に障害になってしまうこともあるのです。
人の数だけ喜びがあり、同時に教訓があるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク