ファッションカラーアドバイスの仕事(応用例)

ファッションカラーアドバイスができると、どんな仕事ができるのでしょうか?
応用例①
・一人ひとりに似合う服を提案する。
・その人をひきたてる、壁紙や家具を提案する。
・その人が持ったときに美しい花の色などを提案する。など
その人が、最高に似合う色や柄、シルエット、質感がわかるので、自信にあふれたアドバイスをすることができます。
応用例②
・商品をひきたてるためのモデルを選ぶ。
・モデルによく似合う服や雑貨を選ぶ。など
モデルと広告をよく見せるための、ヘアメイクとライティングがわかるので、
・広告制作ディレクター
・スタイリスト
・ヘアメイクアーティスト
・フォトグラファー
として、人を使ったビジュアルづくりの現場で活躍できます。
応用例③
・化粧品の販売をする。
・ブライダルホールの集客をする。
・企業の社員教育をする。
・デパートや、カーディーラーなどのイベント会場で「似合う色の探し方」をアドバイスする。
ほかには、カラーチェックのやり方と効果について、ドレープを使ったデモンストレーションをしたりもできます。
応用例④
個人の方の魅力を引き出すための買い物を代行し、スタイリストとして活動することができます。
応用例⑤
配色効果を利用した色の組み立てが早く上手にできますし、コーディネートセンスに磨きがかかるので、ディスプレイの現場などで活躍することができます。
また、同じ理由で、
フラワーアレンジメントやラッピングの世界でも、スピーディーでハイセンスなカラーリングができるので、活躍の場は広がっていくでしょう。
応用例⑥
アニメーションの色彩設計やイラスト制作などで、人や風景を彩りながら、ストーリー、キャラクター、気候、人の心理などを色に置きかえていくテクニックを上達させていくことができます。
応用例⑦
・エステサロン
・ネイルサロン
・美容室
・ブライダルのアシスタント など
環境づくりからトークまで、レベルアップしたセンスと説得力が役立つ仕事を経験することによって、人に対しての「美」とかかわるすべての仕事において独立を目指す人には、特におすすめしたい能力開発の現場です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク