教わる側

教えてもらう側も、専門家を目指す人、大学生や高校生、カラーを趣味で楽しみたい人、パーソナルカラーを使って美しくなりたい人などさまざまです。
特に、女性はカラーコーディネーターに憧れる方が多いようです。もちろん、男性もいらっしゃいますし、大歓迎です!検定試験の受験者数もどんどん増えているにも関わらず、仕事の内容や業務形態の確立はまだまだ進んでいないのが今の現状です。カラーコーディネーターのすそのを広げて、職業として確立させていくためにも専門家が育っていくことが望まれているのです。
勉強を始めるにあたっての一人ひとりの考えは本当に十人十色です。講師の方々も、それぞれにいろいろな場で活躍してもらいたいと熱心に教えてくださるでしょう。自分でする勉強もとても大切です。でも、いろいろな人の考え方や感じ方に触れるチャンスでもあるのです!!みんなで共に励ましあって勉強しあってぐんぐん成長していくことが大切ですね。
自分の担当の講師だけではなくて、ほかの方々とお話をしてみることもできればいいですね。まずはたくさんの情報に触れながら勉強することです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク