五感を鍛える方法

「人間力」とは何か?明確な答えはありませんが、相手の心に働き」かける力、自分と相手の心をとらえることのできる力、やりがいや楽しさを感じられる力・・・。これらを人間力とする場合が多いようです。
人間力を高めるためには、まず相手に対して自分自身を解放して、お互いのことをよく理解したうえで、相手の望みを叶えてあげられることが必要だとされています。
これは一見、簡単なことのように思いますが、ものすごく奥が深い課題です。カラーコーディネーターとしてのツボは、まさにここにあるように思うのです。
カラーコーディネーターの仕事のポイントは、色を扱っているにもかかわらず、人の心に働きかけるということが特長です。大事な事は、人を美しく見せるためにも、製品や建物の色を決めるためにも、人間が心地よい、素敵だなあと感じるものはなにかを察知することです。これは言葉でいうよりたいへん難しいことです。
そのために、普段の生活からたくさんの人たちと自分から積極的に接していくことをこころがけましょう!苦手な人ともどんどん話をして、その人に近づく努力をしてみるのも大切です。苦手と感じるのはなぜか?を知ることで、自分に足りないところに気づいたり、どうしたらもっと相手と気持ちを共有できるのかがつかめてくるはずです。
今からいろいろな人とコミュニケーションをとって訓練しておくことで、カラーコーディネーターのプロとして社会に出たときに出会う、いろいろなタイプの人とうまく接していけるようになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク